セミナー 研修 広島 ビジネス講座 株式会社ウーブル・ロールモデル研究所

slider4.jpgslider6.jpgslide03.jpg

top_slogan01.gif

img_open1.jpg

(株)ウーブル・ロールモデル研究所が広島で開催する公開講座のご案内です。ウーブルの公開講座は、仕事上の悩みを持つ個人の方で、且つ時間が取りにくい方向けに、参加しやすい講座として誕生しました。 短時間に凝縮されたハウツーポイントが体得でき、社内外の評判が変わります。お一人からのお申し込みが可能ですので、お気軽にご参加下さい。
go_seminar.gif
go_schedule.gif

現在募集中の講座です。

社内インストラクター養成講座

seminar13.jpg

16.gif
uketsukechu.gif

自分自身のマナーを今一度見直し、
インストラクターの道を目指しませんか?
終了後は当社講師として活躍することも
可能です。
①平成28年10月 1日(土)
②平成28年10月15日(土)
③平成28年11月 5日(土)
④平成28年11月19日(土)
⑤平成28年12月 3日(土)
⑥平成28年12月17日(土)
全6回コース
go_detail.gif

女性リーダー育成研修

topimg16.jpg

17.gif
uketsukechu.gif

女性リーダーとしての姿勢と必要能力
について、グループ演習を通じて習得
する講座です。
平成28年10月18日(火)
go_detail.gif

次世代リーダー育成研修

seminar23.jpg

18.gif
uketsukechu.gif

次の世代を担うリーダーとして
知っておくべき課題を学びます。
①平成28年10月19日(水)
②平成28年11月16日(水)
③平成28年12月14日(水)
④平成29年 1月18日(水)
⑤平成29年 2月15日(水)
全5回コース
go_detail.gif

女性リーダー候補者が作る
『企業のワークライフハピネスとは?』

topimg06.jpg100_end.gif

さまざまな企業で行われている「女性活用」
働くこと=ハピネスを一緒に探りましょう
①火曜日コース 

1日目 平成28年5月17日
2日目 平成28年5月24日
②木曜日コース
1日目 平成28年5月12日
2日目 平成28年5月19日
icon_end.gif

若手社員をやる気に導く指導方法と
ハラスメントコントロール

seminar08.jpg
10.gif

100_end.gif

若手社員を一日も早く戦力にするために
接し方を学び上手にマネジメントしましょう
①平成28年7
月13日(水)
②平成28年7月20日(水)
icon_end.gif

女性客を増やすための
店長・マネージャー向けマーケティングセミナー

seminar12.jpg
11.gif

100_end.gif

女性客が増えると売り上げが増えるって
ホント?
仕組みを学んで売り上げをアップ
させましょう

平成28年8月1日(月)
18:00~21:00(3時間)
     icon_end.gif

組織成果を引き出すチームビルディング研修

topimg14.jpg12.gif
100_end.gif

上手く業務が回るチームとは?組織とは?
上手なコミュニケーションを行い、
よりよいチームを作る方法を学びます
平成28年8月23日(火)
13:30~16:30 (3時間)
         icon_end.gif

若手社員定着のためのフォロー研修

topimg17.jpg
13.gif
100_end.gif

入社後に感じるギャップを埋めるのではなく
研修を通じて意識改革のお手伝いを行います
平成28年9月6日(火) 
午前の部  9:00~12:00 (3時間)
午後の部 14:00~17:00 (3時間) 
*午前・午後いずれかをお選びいただけます。
              icon_end.gif

接遇マナーレベルアップ研修(基礎コース)

topimg18.jpg14.gif
100_end.gif

分かっているようで理解していない接遇マナー
今一度学び、レベルアップを図りましょう
【第1回】平成28年9月13日(火)
【第2回】平成28年9月20日(火)
両日とも13:30~16:30   (3時間)
*2日間の参加が基本とさせていただきます。
      icon_end.gif

若手社員向け モチベーションアップ研修

seminar26.jpg

15.gif
100_end.gif

仕事への向き合い方、ヒューマンスキル
アップを目指しながら、仕事のスキル
アップを行う方法を学びましょう。
平成28年 9月21日(水)
平成28年11月16日(水)
平成29年 1月18日(水)
              icon_end.gif

img_kigyou1.jpg

企業全体で人材のレベルアップや業績アップをお考えの場合には、カスタマイズ講座がより効果的です。 企業の外部環境や内部環境に合わせた内容とカリキュラムで、内容の実現性と定着率を高めます。

kigyou_go1.gif

≪ 依頼ケース ≫

①組織内の課題が顕在化し、早急に解決する方法論や指導方法・
 指導者等のアウトソーシングを考えている。
②組織固有の文化・風土が根強く、個人や少数派の力では解決
 できない為、カスタマイズ(打ち合わせ→提案を繰り返す)した
 内容で、全社で取り組みたい。

≪ メリット ≫

・出張研修費の方が安価です。
・目的に沿って、研修内容をカスタマイズいたします
・定期的な研修を企業内で行う場合、研修間に内容定着のフォローが
 行えます。

go_jisseki.gif

go_kakakuhyou.gif

以下のカリキュラムは依頼先との詳細な打ち合わせ後、
研修目的を明確にし実施した研修例です。

カリキュラム例①

≪リスク回避とクレーム処理研修≫

目的
現場で想定されるリスクと、既に起きてしまったクレームへの対応等、見える化された研修コンテンツもとに、ケーススタディで 実践し、活かす内容です。

カリキュラム例②

全社営業スタイルの構築研修

目的
企業が業績や顧客満足度、生産性を上げるには、全社営業のスタイル構築が重要です。その為のツール作り・社内コミュニケーション・情報処理法とその成果から、利益を生み出す組織作りを習得する内容です。

カリキュラム例③

≪顧客対応力強化研修≫

目的
顧客として長いお取引して頂くには、企業や担当者の柔軟な対応力が求められます。リピート率や顧客維持に必要な個別対応力と魅力的でタイムリーな提案の仕方等が習得できる内容です。

カリキュラム例④

≪顧客接点創造強研修≫

目的
高額商品や買い替えの頻度が低い商品を扱う業界において、切れかかっている関係性を構築しなおす為の提案方法・角度を変えたアプローチ法などの工夫が必要です。企業内研修においては、個人の工夫を指導しながら、企業全体で取り組む方法論にも言及します。

カリキュラム例⑤

≪電話応対品質≫

目的

電話は会社(組織)の窓と言われています。広範囲に対する重要な情報伝達ツールではありますが、使い方を間違えると全体の信用や好感度を落とすことにもなりかねません。電話という情報ツールの特性を考慮したうえで、電話応対に問題がある場合や電話応対品質向上が必要な業態におけるレベルアップなど、ヒアリングをしながら、作り込んでいく内容です。

jyoseikatsuyou01.jpgその答えは、まず経営陣・管理職・男性社員の人材育成の姿勢を改める必要があるでしょう。 まず理解しなくてはならないのが「女性の人生における役割」です。 女性は社員、妻、母、嫁といった多くの役割を同時に背負います。その役割を果たす上での負担は男性より大きいということに配慮が必要です。

 カリキュラム例
女性活用推進研修

目的
当社は女性活躍推進研修を企業内で行う場合、以下の項目に注力して実施いたします。
①現管理職の女性活躍推進に対する思いが真剣であるか?
②企業トップの実現に対する声明や全社的フォロー体制などを整備する姿勢があるか?
また、導入に対する障壁を低く抑えるために様々なメニューを整えております。

gaiuyou.gif

cali1.gifcali2.gifcali3.gif

お知らせ

2016.9.24

2016.9.15

2016.8.29

2016.6.20

ブログを更新しました

ブログを更新しました

公開講座説明会を開催いたします。詳細はこちら。

サイトリニューアルいたしました。

ttl_rollmodel.gif

top_img01.jpg

『ロールモデル』(role model)とは「行動の模範となる存在、お手本」という意味があります。 メディアに登場する有名人のような遠い存在の人でも、身近な社内の先輩でも構いません。尊敬と憧れの対象であり、「将来、あの人のようになりたい」という目標に向かって突き進む原動力となる、それが『ロールモデル』(行動のお手本)の存在です。

仕事で壁にぶつかった時や、将来についての重要な岐路に立たされた時、いつも「私にとっての『ロールモデル』のあの方ならここでどう判断し、行動するだろう」と考えながら進んできました。 私自身も『ロールモデル』の存在を支えにすることで現在のキャリアを積み重ねてきたのです。

私たちは多くの企業研修、人材研修を通して、強い組織作りのためには女性の活用が不可欠であることを訴えてきました。そして女性の活用には、この『ロールモデル』という存在を企業内に育てることが不可欠であると認識しています。

・結婚、出産を機に退職してしまう。 
・子どもを持つ女性の管理職が少ない。 
・育児休暇や介護休暇の制度だけでは両立の支援にならないくらい、忙しい職場である。

もしも、上記に当てはまる項目があれば、貴社の企業風土は『ロールモデル』が育ちにくい環境かもしれません。

『ロールモデル』の育成のために、まず貴社の企業風土を改善しましょう。多様なワークバランスを理解したうえで、個人の能力が活かせるようサポートする管理職の啓蒙と、本人の職業意識の向上。 この両輪の足並みが揃って走り出した時、初めて強い組織になったといえるのです。 ウーブルは多くの企業研修、人材研修で培った経験を元に、貴社の状況に合わせた『ロールモデル』育成のための最適な教育プログラムを提供し、人材の活性化を協力にバックアップすることをお約束いたします。

top_img02.jpg

rollmodel_img.gif


株式会社ウーブル・ロールモデル研究所
〒730-0036
広島県広島市中区袋町5-5
アレービル3F 

TEL 082-248-0333
FAX 082-248-0030
info@oeuvre.co.jp